サンセットベンチ 歌詞 木村拓哉 Uru





左腕が 温かくて

顔向ければ 君の髪の毛が

風に乗って

優しく僕の頬を くすぐってる

ふわり ふわり ふわり



君が横で はしゃぎすぎるから

こぼしてしまった 缶コーヒーも

熱を持って

僕の手の中に 納まったまま

何か 言いたそうにしてる



いつまでも ずっと いつまでも

こんな風に 僕の横に居て欲しいと

言葉探すのに 君が 笑いかける度に

呑み込んでしまう 君は綺麗だ



『 貴方が好きな

  このラベンダー色のスカートを

  今日も はいてきたの 』

そう言って

端の方を掴んで なびかせている

ひらり ひらり ひらり



君が動く度に 感じてた

甘い香りが 僕の胸に 沁みるから

今すぐ 抱きしめて

言いたくなる

訳も言わず ただ君に



愛してる ずっと愛してる

どうしようもない

愛しさが 溢れてくる

すごく 似合うよ と

代わりに 出てきた言葉に

君は笑って 僕に隠れた



はにかんだ 口元も

ふてくされた 横顔も

子供のように

ケタケタ笑う その声も



ここで 見ていたいから

君が君で 居られるように

僕が守るよ

またここに 来ようか



いつまでも ずっと いつまでも

こんな風に 僕の横に居て欲しいと

この言葉の先 頷きながら少し泣いた 

君の肩を 抱き寄せる






























この記事へのコメント