「京都」から「T.T.T」へのメッセージ



Uruさんの 夏


「100曲」の中
夏に カバーした曲
7月14日 水彩の月 秦基博
7月27日 最愛 福山雅治
7月28日 secret base ZONE

8月 7日 ひまわりの約束 秦基博
8月11日 ANTI-HERO
       SEKAI NO OWARI
8月17日 Mighty Long Fall
       ONE OK ROCK
8月24日 愛し君へ 森山直太朗
8月25日 海の声 浦島太郎


夏に 発表された
カバーオリジナル
7月25日 真夏の果実 サザンオールスターズ
7月29日 ANTI-HERO
       SEKAI NO OWARI
7月30日 Mighty Long Fall
       ONE OK ROCK
7月31日 Hello Especially
       スキマスイッチ

8月 6日 ひまわりの約束 秦基博
8月 7日 蛍 サザンオールスターズ
8月 8日 secret base ZONE
8月12日 手紙 バックナンバー
8月21日 Hello,again
       My Little Lover
8月29日 緑の街 小田和正
8月29日 THE OVER UVERworld
8月30日 らいおんハート SMAP











京都公演の2か月前

Uruさんは
呟いています

京都のライブでも、
私の原点でもある
カバー曲も歌おうと
思っているのだけれど、

何を歌おうか
色々と考えていたら、
歌いたい曲が
たくさんあって絞り切れず、、
結果、
2daysとも違う曲を
歌おうかなと思います


「remember」に
込めた気持ちを
しっかり
伝えたいとした「京都」

これまでも
そうで あったように
カバー曲には
メッセージが
込められている?
と 感じています


2018.8.18.京都

 1曲目 追憶のふたり
 2曲目 The last rain
 3曲目 鈍色の日

 4曲目 secret base
     ~君がくれたもの~
 5曲目 サザンカ
 6曲目 Sunny day hometown
 7曲目 少年時代
 8曲目 No way!!
 9曲目 ラブ・ストーリーは突然に
10曲目 fly
11曲目 サヨナラCOLOR
12曲目 すなお
13曲目 アリアケノツキ
14曲目 娘より
15曲目 しあわせの詩
16曲目 フリージア
アンコール1 奇蹟

アンコール2 remember
アンコール3 星の中の君



2018.8.19.京都

 1曲目 追憶のふたり
 2曲目 The last rain
 3曲目 鈍色の日

 4曲目 アイ
 5曲目 運命のヒト
 6曲目 オリビアを聴きながら
 7曲目 真赤
 8曲目 Sunny day hometown
 9曲目 No way!!
10曲目 fly

11曲目 時代
12曲目 すなお
13曲目 アリアケノツキ
14曲目 娘より
15曲目 しあわせの詩
16曲目 フリージア
アンコール1 奇蹟

アンコール2 remember
アンコール3 星の中の君



2days

初日の カバー曲は
「remember」に
繋がる 選曲の
ような気がします

どの曲も
大切な 思い出を 共有した
友だちとの 記憶
友だちへの 感謝
励まし 励まされた
「思い出たち」に
聴こえています


「鉛筆」の
メッセージ

こんな 大切な
思い出を 披露してまで
伝えたかったこと

周りにいる 大切な人との時間は
当たり前では ない事

いつ
失ってしまうか 分からない
かけがいの ないもの

大切な ファンに
自身の 記憶を
共有して 欲しいとする気持ち?

繊細な 動機が
あるような 気がします


特に
カバー初曲の
「secret base」には
体験した 当時の 記憶が
歌われて いるような・・・

自身のことを
代弁してくれている?

そんな感覚を
持っていると 想像します


この作品は「7月」に
カバーしていました

7月の カバーは わずか3曲

他は
秦基博さんの「水彩の月」
福山雅治さんの「最愛」

この実績を 見ていると
二日目に 採用された「アイ」

単純ですけど
「secret base」と
同年同月に カバーした
秦基博さんの 作品を
2日目初曲に 採用したのかな
と思ってしまいます


8月の カバー曲も
見渡して みました

8月には「ひまわりの約束」
が ありました


秦基博さんの カバーは
3曲 あります

もうひとつは
3月末に カバーした
「プール」です


自分には
秦基博さんを 選択することは
自然のことに 思えてきました


「100曲」の中にあって
3曲以上 カバーした
アーティストは わずか 7組です


複数曲カバーしたアーティスト

7曲  「back number」

5曲  「SEKAI NO OWARI」

3曲  「ONE OK ROCK」
3曲  「サザンオールスターズ」
3曲  「スキマスイッチ」
3曲  「スピッツ」
3曲  「秦基博」

2曲  「BUMP OF CHICKEN」
2曲  「DREAMS COME TRUE」
2曲  「JUJU」
2曲  「Kiroro」
2曲  「SMAP」
2曲  「安室奈美恵」
2曲  「伊藤由奈」
2曲  「森山直太朗」
2曲  「中島みゆき」
2曲  「尾崎豊」


Uru Official YouTube Channel


Uruさんに とっての
京都2日目 について
妄想すると・・・

初日が
「remember」の 気持ちを
伝えること だとすれば
2日目は
「これからの自分」を
伝えること?


Uruさんの ライブ(気持ち)は
繋がっていると 思います

「時代」を 選択したことからも
そういう メッセージを 感じます


そして
「運命のヒト」は
「100曲」の初期に
投稿された 作品です

現在は 幻ですが
「ひこうき雲」の 直後に
歌われています


「オリビアを・・・」は 99曲目

普段 装飾品を 身に着けて
歌う姿を あまり見ない
Uruさんが
この曲では ネックレスを。

大切な人の 思い出の曲?

自分は そう 感じています


とても 大切な
カバーを 持ってきた理由

あくまで 妄想ですが
TTTへ 繋げるため?
かもしれません


「初曲」と「100曲目」を
届けるために

「初曲 ひこうき雲」

私たちに とっては 初曲でも
Uruさんに とっては
それまでの 集大成の曲だと
思います

サヨナラCOLOR や
君がくれたもの に
重なる 大切な思い出の1曲
のような 気がします


そして
「100曲目 ・・・」

2013年11月に
出会うことになる 感動のライブ

直後に 歌われた
「ありがとうさようなら」

続けて歌われた
「Hello Especially」

投稿し続ける先に
位置付けた この曲には
不退転の 決意が
込められていると
思います


とても とても 大切な2曲

「初曲」と「100曲目」

これらを 届けるためには
大切な人への 感謝の曲を
先に 届ける必要がある?

尽くしたいとする
礼儀を 感じられて
なんとも 言えない
気持ちに させられます


「100曲目」が
この世に送り出された日は
2004年3月10日です

巡り合わせを感じます


時は 熟しています
受け取る 準備を しないといけない

そう感じています



余談ですが

「時代」の
CDジャケットは
複数 存在していて・・・

ひとつは
「江ノ島電鉄・腰越駅付近」
の 風景が
採用されています


中島みゆきさんが
世界歌謡祭で 受賞する際
発表時の 日本語司会は
「坂本九さん」だったそうです


いろんな 要素が
Uruさんに 向かって
収束されていくような
感覚を 覚えます


きっと
3.10には
祝福するように
桜は 咲き
春に なっていると
思います







この記事へのコメント