bounce 421号 2018.12. 「雪の華」に向き合う決意


C6FFF8CD-3C65-4E1D-A134-1AD927E3F6A4.jpg

BDD809DA-0754-42F5-B6B4-1437056FAC5E.jpg



Uruさんのことを
ずっと
追いかけてくれている
タワーレコードさんの
フリーペーパー


今回も Uruさんの
「歌」に向き合う「気持ち」を
届けれています


さりげなく
夏の京都 から
始める 語り口


流暢に 展開する 文章は
いつもどおり 読みやすく
すんなり 入ってきます


プロローグに
携わる トウミヨウさんのこと


「PUZZLE」の 背景や
この曲に 込められた 気持ち


そして「雪の華」のこと
今回 この曲を 選択するまでの
経過は 興味深いです


「100曲」に 入っていても
不思議ではない 中島美嘉さんの楽曲


そういえば 中島さんの曲は
「100曲」には ないです


ここで
歌うための 決意のような
心境を 語っていて
「12月5日」の 楽しみは
増すばかりです


聴いてみたい
Uruさんの 歌声での
「雪の華」


そして
インタビュー 最後には
「これから」を
楽しみに させてくれる
メッセージのような
語りに なっています


これだから
バウンスは やめられない


そして 今回
心地よい 文章を
どなたが 書いてくれているのか
確認してみました


インタビュー 文 ともに
久保田泰平(くぼた たいへい)さん
という方でした


既刊バウンスの Uruさんの記事を
確認してみると
ずっと この方が 書いていることも
分かりました


なるほどです
聴き手としても
書き手としても
才能があって

しかも
ずっと 追っているからこそ
Uruさんから
大切なコメントも
引き出せる わけなんですね


ホント 素晴らしい



いずれにしても
これ 読んだら
「プロローグ」を
早く 聴きたい


12月4日 店着日に
どこまで 行くか


もう 5日後です








この記事へのコメント