愛し君へ Uru 2018年10月23日 100万回再生を達成すると思います 



「愛し君へ」は
もうすぐ 100万回再生を
達成しようと しています


自分には
どこか 節目の曲に見えます


「ひこうき雲(9月6日)」から
「愛し君へ(8月24日)」までは
ちょうど「1年」


この「とき」で
森山直太朗さんの 曲は2曲目
最後の曲でもあります


もう1曲は 草創期
4曲目の「さくら」


どちらも 偶然だと思いますが
日曜日の 投稿のようです


「愛し君へ」の 次に
歌ってくれた「ray」から
投稿日は「火曜日」に
固定されています

この時まで
何となく 「曜日」って
Uruさん にとって
なにかしら 影響(拘り)って
あったのか?
なんて 考えてます

個性的な 思考をする
Uruさんらしい?
何かが、、、なんて・・・


そして
投稿日の ブログを
改めて 読ませてもらいました


「夏の終わり」と迷った?ことが
したためられています


とても 素人では歌えない
あの難しそうな曲

どんな歌声で 歌い上げるのか

当時 練習をした?
と想像したら
ゾクゾクします


いずれにしても
「愛し君へ」は
明日 10月23日

1,000,000回
100万回 再生を

達成すると思います

未明に達成するような気がします



「10月23日」って
「ロビンソン」の
歌われた 日でも
ありますね


続けて スピッツの
「空も飛べるはず(10月26日)」

10月末は 初めての
バックナンバー「高嶺の花子さん」
も 届けて くれています



大好きな「秋」は深まり
ニャンコ先生は
50万人も 動員したとのこと

これから さらに
先生は 招待するでしょう

どこまで 伸びるか
楽しみです




愛し君へ Uru
2014/08/24







この記事へのコメント