ULFULS BAKAYARO



なんか クソくらえ
胸が 張り裂けそうで
なのに ワクワクさせられ
時に 地団駄を 踏み

明日とか ふざけんな
いつも 自分を疑い
涙ポロポロ 泣いて
いつか 誰よりも笑う

ランドセル 鳴らして
子供たちが 走ってく
遠くで 手をふる
帰りを 待つ人


人生のバカヤロー
夢なんかじゃない

笑いながら
泣きながら
道なき 道をゆく

情熱のバカヤロー
怖いものなどない

寝転がって 目を閉じた
道は ここから

誰もが ひとりぼっちで
だけど ひとりでは 何も
いつも 不安を 味方に
誰よりも 自分の ファンでいる


駅のホームで ひとり
しかめっ面で 立ってる
だいぶ 寒くなったなぁ
お前の声が 聞きたい

なんか クソくらえ
胸が 張り裂けそうで
なのに ワクワクさせられ
時に 地団駄を 踏み

明日とか ふざけんな
いつも 自分を 疑い
涙ポロポロ 泣いて
いつか 誰よりも 笑う

決して 知ったかぶりせず
軽く 分かったふりせず
強く 自分を 責めて
そして 自分を 許す

がむしゃらに 働いて
ふざけまくって 遊んで
いつか 仲間が 増えて
いつか 自分に 気づく

人生のバカヤロー
抱き合って泣きたい

嬉しくて 嬉しくて
肩を 叩き合いながら

人間のバカヤロー
運命なんか知るか
どうか おれの そばにいて
いっしょに 泣いてくれ





この記事へのコメント