仙台で聴かせてくれたカバー曲 「 Uru Live Evergreen 」セットリスト



仙台公演
Uru Live Evergreen


  1. パズル

  2. すなお

  3. 真夏の果実 (サザンオールスターズ)

  4. いい男

  5. ホントは、ね

  6. fish (back number)

  7. なんでもないや (RADWIMPS)

  8. 5years

  9. Sunnyday home town

  10. No way!!

  11. 悲しみにさよなら (安全地帯)

  12. 楓 (スピッツ)

  13. ハナミズキ (一青窈)

  14. アリアケノツキ

  15. 娘より

  16. The last rain

  17. フリージア

  18. 糸 (中島みゆき) アンコール1

  19. しあわせの詩 アンコール2

  20. 星の中の君 アンコール3






聴かせてくれた曲を
改めて見ていると
YouTubeでのカバー曲を
4曲も歌ってくれたことに
驚きます

福岡公演では
YouTubeからの引用は
「春風」1曲だったので
いよいよ「脱YouTube」かなと
思っていました

それは 新たなステージに
向かうことになるので
本音は 寂しい気もありながら
喜ばしいこと と
自分に言い聞かせていました


でも
仙台で
元祖YouTubeを
4曲も 聴くことが
出来たことに
歓ぶ 自分がいて
やっぱり
元祖カバーが
好きなんだなあ と


3曲目の「真夏の果実」
7月頃
よく聴いていたので
とても 嬉しかった

福岡公演でも
3曲目で 感動はすでに頂点に
達してました
同じ状況が仙台でも・・・

ホントに素晴らしいカバーです
Uruさんの声の美しさが
とても引き立つ作品です

「真夏の果実」は初期のカバー曲で
投稿された日は 2013年11月8日

5枚目のシングルリリース日も11月8日
関連はないのに
喜ばしい気分になっているのは
「Uruさんに至る病い」
かもしれませんね

このカバーは 7月末に
5曲目の 200万回再生を
達成した 作品です
自分と 同じ気持ちに なった方も
多いと想像します


back number さんの
「 fish 」
事務所の方から
引き合いがあったと
話されていました

初めて事務所の方に
聴いてもらったのは
「 幸せ 」 と
ブログに 綴られていた
記憶があります

スカウトされる きっかけの際
back number さんの
カバーを 何曲か
披露したのかもしれません
この「 fish 」も・・・?


「 楓 」
このカバーにも
驚かされました

まさか 「 楓 」 を
ライブで聴けるなんて
夢のようでした

いや
あれは夢だったんでしょう

小日向さんが
絶賛していた「 楓 」です

スピッツらしい
素晴らしい歌詞が
展開しています

このカバーの
ラストのUruさんの声
「 ああー君の声を 」
どこまでも 素晴らしくて

この歌詞の意味も
いつか 考察してみたいです


「 なんでもないや 」
「 悲しみにさよなら 」
「 ハナミズキ 」

この3曲の
高いメッセージ性にも
注目しないと
いけないはずですが
まだ整理できません

もう少し
考えてみたいです












蛇足

今回は 愛妻と愛娘と一緒に
埼玉から仙台まで 車で向かいました

あの日は とても天候が良くて
休憩するたびに
(北上するほどに)
青空が鮮やかに見えてきて
気分は高まるばかりでした

仙台泊予定が
月曜出勤を余儀なくされて
日帰りになり 対照的に
帰路の東北道は 暗闇の中でした

しかも
ロング アンド ワインディング
アップダウン

かなり走りましたが
仙台公演の これも良い思い出の
ひとつです


会場では
妻と娘は並んで座り
自分は一人 少し離れた座席に

位置は丁度
客席の中央付近だったと思います
しかも 舞台中央のラインだったので
Uruさんが正面でした

立姿が良く見える
絶好の席に感謝でした

自分の右隣は
自分のチケットでしたが
空席にしてしまい
申し訳なかったです

自分の左隣も
2席空席でした
チケットをあつらえても
都合がつかなったんでしょう
無念だったと思います

とりあえず 4人分拍手を

それから
Uruさんが
勝手に動くとしていた「左手」も
よく見えました

でも
その「左手」は
しっかりと
Uruさんの
管理下に置かれていて
あまり 揺れてなかったです



すべての 選曲に 感謝します
ありがとうございました

そして
「 真夏の果実 」
「 楓 」
にも・・・

改めて・・・

本当に
ありがとうございました







この記事へのコメント