大切な曲 アリアケノツキ 2017年9月10日「 Uru Live Evergreen 」仙台公演


今夜も
Uruさんの器量(気持ち)に
圧倒されてしまいました

アリアケノツキの価値を
再認識しています


仙台公演でも
福岡公演 同様に
この楽曲を歌えるのか
自問し
支えた仲間に促されて
決意し
歌ってくれた経過が
あったようでした


仙台に前日入りしたこと

被災地を訪ね
自身で見聞し
直に肌で感じ
ライブに臨んでいること

「 自分の 仕合わせに
  気付いてください  」
幼い文字で書かれた 短冊が
あったこと を
話されていました


5月の福岡公演を
準備している時期から
ずっと 自問してきたんだと
思います


Uruさん自身が
自分色の強い楽曲だと
遠慮する気持ちが
尊すぎて
言葉になりません

その歌声と ともに
その気持ちは
あの会場にいた皆に
心底 伝わったと思います

ライブ会場に
居られた皆
幸せを 感じたと思います

Uruさんも
語ってくれました

正確に再現できませんが・・・

家族との別れの曲が
被災され 同じ境遇となった方々と
共有できる曲(鎮魂)になってくれたら・・・

そんな思いを載せて
歌ってくれた
アリアケノツキ

Uruさんの楽曲の中で
頂点にあり
自他ともに認める
最高の作品です

アリアケノツキは
もう ひとり歩きを
していると思います

大切に聴いていきたい
と 思います


アンコールで
歌ってくれた


しあわせの詩

アリアケノツキの挿話から
その歌詞の意味を
改めて 気付かされた気持ちです


アカペラで
歌いだす 「 糸 」

これは
Uruさんの
チカラ(魅力)そのもの
ライブだから味わえる
「贅沢」です

何度も 書いてきましたが
この作品を聴くためだけでも
参加する価値があります


最後の
「 星の中の君 」
とても大切にしていることが
伝わります

今回も
幕を開いてくれました

アンコールで
5枚目のシングル
次回ライブ開催
を アナウンスしてくれました


今回も
とても素晴らしいライブでした

ホントにお疲れさまでした

ありがとうございました



この記事へのコメント

  • メトロノーム

    お久しぶりです。突然のコメントで失礼致します。

    陳腐なコトバしか思い浮かばない自分が恥ずかしいですが、本当に感動の連続でした。

    いろんな人達に寄り添った思いと曲に込められた思い、私達の胸に深く深く刻み込まれました!

    アリアケノツキの前のMCで既に涙、曲で涙、歌い終えた後の鳴り止まぬ拍手に涙(>︿<。)

    これまでのライブで涙した涙とは一線を画した別物の涙でした!
    同じ会場にいたファンの方々も同じ想いであったと、初めてだったと思います。鳴り止まぬ拍手・・・

    こんなアーティストに出会えた事を誇らしく、そして幸せを感じる事を禁じ得ません。

    新曲そして304東京ライブ、楽しみ過ぎて、今からワクワクしてます。これからも一緒にUruさんを応援して行きましょう!

    長文失礼致します。
    2017年09月11日 07:14
  • 記憶を旅する

    メトロノーム 様

    ご無沙汰しています
    コメントありがとうございます

    自分も Uruさんの気持ちが伝わってきて まいりました

    ライブ前の多忙な時間を割いて 被災地を訪ねて 人々の暮らしが徐々に改善していることを その風景から感じ取って 少しでも安堵した彼女が居たと思うと 言葉になりません

    Uruさんの歌に 特別な何かが載っていて 聴くものに届く理由が分かります
    歌が上手いだけではない「チカラ」が備わっってることを実感します

    Uruさんが 大切にしている人と人の繋がりも 改めて感じさせてもらったライブでした

    東京公演まで半年くらいあって 待ち遠しいですが・・・そうですね とにかく応援ですね

    これから来る秋冬は マグカップで 温かいコーヒー飲んで過ごそうと思います

    今後とも よろしくお願いします
    2017年09月12日 22:59