「 明日に架ける橋 」 cover by Uru @福岡


晴れ渡る 福岡ライブ
Uruさんが 丹精込めて
選曲してくれた名曲の数々でした

 ライブ冒頭で
 聴かせてくれた
「 明日に架ける橋 」
このカバーを聴かせてもらった時
とてもメッセージ性の高い選曲だと感じました

「 見上げてごらん夜の星を 」
のカバーは とても印象に残っています
この動画には 次のようなコメントが投稿されています
「心身共に以前のように穏やかに過ごせる日が戻るよう 心から祈っています」

「 福岡 」を選択されたのは
Uruさんからの
お見舞いの気持ちがあると
感じていましたが
より伝えたかったのは
リスペクトする気持ち・・・
そう感じます


困難な局面を
たくましく
支えあって生きる
その姿勢に 敬意を表して
自身の歌声を捧げるために
選曲したことに気付いて
冒頭から
揺さぶられたライブでした



「 アリアケノツキ 」
 を披露する直前

「 今回のライブで
  この歌を歌うか迷ったけれども
  歌います 」
 と話されていました

「 アリアケノツキ 」
この曲は
 もっともファンが
 待ち望んでいる楽曲です

そして
 自身の歌う動機に
 なっている楽曲だと思います

自分色の強い この楽曲を
「 リスペクトする気持ち 」
を表明するための ライブで
歌うことに
自問していた? のかもしれません

メッセージを 歌に込めるUruさん
歌は 自身のメッセージを
伝えてくれる 大切なもの

歌う選択しかないはずでも
福岡のライブに 真摯に向き合った
Uruさんの 気持ちの 結果として
コメントしないわけには
いかなかったんだと
感じました


自他ともに 頂点にある
この曲のためにも
断りを したかった気持ちが
伝わってきて
何とも言えない気持ちに
なりました



そして
熊本地方の
星空の美しさを
称えるために
「 天体観測 」
を選曲されたと思います

Uruさんは
歌に気持ちを込めるために
とても繊細な選曲を
されているんだと
今回 つくづく感じました

心掛けているのは
人々への 思いやり 労い 賞賛 など
ファンに「 最高 」が届くように
考慮を尽くされていること
に 気付かされました

それが
Uruさん自身の
納得できる演出(構成)に
繋がっているような気がします

素晴らしいライブになるわけです


福岡ライブの余韻は
まだまだ 続きそうです



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック