パワープレイ② バラード / BUZZ THE BEARS by Uru 2016年5月10日



 


 Uruさん には

 いつも 歌詞

 を 意識している
(に 注目している)

 姿勢 が あります


 この作品の 歌詞の良さ(素直さ)

 そして 自身の 母親(母性)感

 に 共感して 選曲した と 感じてます


 そして 「 母を感じるもの 」

 とする 写真を

 掲載した 動画 が

 感銘に 拍車をかけてきます

 
 オリジナル曲の旋律

 Uruさんの 歌声

 誰もが 重なる思い出 があって

 しんみり 聴いてると

 こみ上げる モノ を感じるカバー曲です


 「 母を感じるもの 」とする 写真 を

 観ていると 撮影している 家族を

 感じない訳には いかなくなります


 台所の写真 や 料理の写真 は

 Uruさんの 思い出 にもあって

 彼女自身の 持っている 生活感から

 選ばれた写真だと 思わずにいられない


 撮影者は 当然 父親の

 ケースが 多いと思われ・・・

 Uruさんにとっての 父性は

 幼き日の 思い出の中・・・


 そんなことを 感じながら

 聴いていたら

 大切な カバー曲に なりました


 そして アップされた日の

 ブログには

 サービス精神旺盛な Uruさんらしく

 自身の赤ちゃんの時の 写真が

 掲載されてます


 自身も 「 お母さん 」という

 オリジナル曲があって

 かつて 期間限定で

 YouTube に投稿されています


 今は もう 聴くことはできませんが

 母の日に 投稿していたことを 思うと

 この「 バラード 」のような

 母親との 良い思い出 や

 感謝を したためたものだと 想像します


 その 再アップした日の ブログに

 その曲のヒントが 記載されています

 「 最初の 赤ちゃんの 泣き声は

   〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇時に

   ビデオで録ってくれていた

   私の赤ちゃんの時の

   泣き声です 」


 曲目は 「 お母さん 」 ですが

 両親への 感 謝 の 曲に
(家族との 思い出 の 曲に)

 なっているものと 想像しています

 いつか(来年には) 発表される

 アルバムに 収録されることを

 期待しています


 「 バラード 」

 この 記事を 書きながら

 改めて 繰り返し 聴いています

 うまく 表現できませんが

 良質な楽曲 と 優秀な歌い手 が

 協調?(共感? 共鳴? シンクロ?)すると

 聴き手に とんでもない

 感動を 与えますね


 ちょっと まわりくどい

 感想 に 成り下がってますが

 とにかく 大好きな

 素晴らしい 1曲 です

 もっと 皆さんに 聴いてもらえることを・・・ 



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック