LIVE1 感動 Uru Live SS 東京グローブ座 2016年9月11日


感動のライブ

会場にいる皆が固唾を呑んでいる雰囲気の中、Uruさんの天性の歌声が響きわたり・・・

こんなに早く「記憶」でなく同じ時間を過ごせるとは、今回の「SS」のチケット当選は幸運でした


グローブ座は円形劇場のような体で、ステージを俯瞰する2階席と3階席もありました

自分は2階席から

「Live S」の時のステージの様子は、フェイスブックに掲載されてますが、今回もレース状のカーテンの中からの歌声、1曲1曲、照明で演色されたステージでした

曲順の記憶はもう怪しいですが、1曲目は「WORKAHORIC」、1stシングルは全曲、来月発表される2ndシングルも披露されました

曲順と挿話の妙があって、徐々に盛り上がっていくライブ

新曲から「アリアケノツキ」あたりでは、皆、涙腺は大丈夫だったでしょうか?

「アリアケノツキ」の披露前に話されたUruさんの両親の挿話は・・・、ここには書けませんが、Uruさんがこの道を志した動機に触れたような気がしてます

幼き日、両親と、特におとうさんと交わした約束、もしくはおとうさんが娘が将来歌手になり、その歌声を聴きたいと話されたのではないか・・・

いつかこの道を志したきっかけを話したい・・・とブログに綴っていたような記憶から連想しました

ライブ中、何回かトークがあり、一貫して自分がファンに支えられてメジャーデビューできたと感謝されていました

電車の中でパソコンで仕事をするサラリーマンが、仕事を終えて音楽を聴く姿に、そのアーティストに羨望していたUruさん、自分もそんな癒せるアーティストになりたいと・・・

アンコールでは、陸上選手でハードルをしていたことを採り上げ・・・

自分はこれからもハードルを越えないといけない、ハードルを倒す痛みや過ちなど多々あるだろうけども、自分らしく、これまでどおり自分の目指す道を進んでいきたい、そんな自分を応援、支えてほしい・・・と


アンコールで歌った、「メロディ」、「糸」は圧巻でした

YouTubeがそのまま再現されていました

こんなにまんま再現できるものでしょうか、いまさらですが歌の上手さは抜群です

おそらくほとんどのファンが虜になっている天性の歌声がそこにありました

ラストは「星の中の君」、これまた素晴らしい美声で締めくくられ・・・

観客皆で合唱し、初日より合唱は小さかったかもしれませんが、Uruさんが左腕をピンと伸ばして涙?

深々と三方向に深謝するUruさんの姿が目に焼き付きました

デビューまでにこちらには分からない苦労があったに違いありません

だからこそ、ライブ中ずっと、デビューは皆の励まし、支えのおかげと言葉と態度で示されていたんだと思います


早速、Uruさんのブログに、今回のライブのお礼が綴られています

緊張して思うように歌えなかった?と・・・

なんのなんの、観衆は皆、魂をわしづかみにされ、その天性の歌声は涙を誘い、感動で体が痺れてました

ほんとに素晴らしいライブでした


10月26日に新曲発売、来春1月21日に大阪でライブと楽しみは続きます

とにかく次回ライブも申し込み、チケットを入手したい

大阪はクルマで行くことにしよう

8111499A-74BE-40C7-99D9-8128A2DBF74B.jpg







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック